30代から始めるピアノ教室

30歳を過ぎて習い始めたジャズピアノについてのあれやこれや

大人のピアノ教室に通うまでに必要なこと

こんばんは、ピアノコックスです。
今回から何回かに分けて、僕が大人のピアノ教室に通い始めるまでの背景を書いていきます。
何故、あらためて音楽を習う必要があったのか、という小テーマでお話しをします。
 
僕がピアノを始めたのは3歳の頃でした。
地元の楽器店経営の教室に通っていたと記憶しています。
指先が不器用だったため、ピアノをやらせたというのが親の弁でした。
おかげで、プロになることは最初の大きな発表会で早々に諦めがつきましたが、一方でそこで備わった絶対音感は今でも大変役に立っています。
絶対音感は幼少期に訓練しなければ身につかないと言われているため、その点、親には感謝しています。この音感の話はまたいずれ)
 
3歳から高校までクラシックをやりました。
途中で個人経営の教室に切り替え、長く細く続けたという形です。
ただ、 年をとることにピアノに対する姿勢は悪くなっていきました。
勉強やら何やらで練習をするのがおっくうにも拘わらず、長く続けた分、やめるにやめれず……という状況でして。
今でもその頃を思いだしてか、「今日これから教室なのに、全然練習していない!」という夢を見ます。
 
以降、大学生になり住む場所を変えてからは、ピアノは買わず、音楽からも離れていました。
転機は就職してからの交流でした。たまたま仲良くしてくださった先輩方が音楽をやっており、会社でビッグバンドを立ち上げたことことから、僕を経験者として誘ってくれたのが再開のきっかけでした。
ただし、ここで問題が発生したのです。
 
問題は七年近く鍵盤から離れていたことか?
いやいや、間に電子ピアノを買って遊んでもいましたし、しっかり練習すれば割合ある程度までは戻るものです。
ところが、どうしても乗り越えなくてはならないものがありました。
それはクラシックとジャズの壁です。
 
周りでもよく聞く話なのですが、クラシックや吹奏楽出身で、途中で音楽とは違う道を歩まれた方は、往々にして「コードを知らない」のです。
言葉にすると端的ですが、この問題はなかなかに根深いものでした。
次回は、このコードに関わる音楽のスタンスについて簡単にお話ししたいと思います。